アニマルライフ動物病院

歯の健康と体全体の健康

本来、口の中には400~500種類の細菌が存在し、歯垢1gにつき約1000億個の細菌数になります。その数にびっくりしますね。

その他、食べカスや被毛などの異物、ウィルスなどが存在することもあります。これではしょっちゅう病気になりそうなものですが、そうならないのは何故か。それは、体の防御機構がちゃんと働いているからです。その働きによって、口の中に細菌やウィルスがあっても、病気にならないように自分の体を守っているわけですが、それも口腔内の衛生や体の防御システムが健全に保たれていればこそ。このどちらかがひとたび崩れると、病気の進入を許してしまうことになり兼ねません。

その代表的なものが、歯周病です。

「歯肉炎⇒歯周炎=歯周病」

虫歯以外で歯や口腔内のトラブルと言えば、歯周病・歯肉炎・歯周炎……といったものをよく耳にします。 歯磨きなどが不充分だったりすると、歯の表面や歯と歯肉の間(歯肉ポケット)に、食べかすや唾液中の成分がたまり、細菌が繁殖し始めます。真っ白だった歯は黄色から徐々に茶色っぽく見えるようになり、歯肉は赤っぽく腫れてきます。白~淡黄色の歯石が少し見られることもありますが、それほど目立ったものでもありません。症状としてはまだ軽く、この段階を歯肉炎と言います。

これが段々と進行してくると、歯肉ポケットが深くなり、歯周ポケットと呼ばれる状態になってきます。その中で細菌はさらに繁殖し、バイオフィルムというものを作り出すのですが、これは、ぬるぬるとした感じがするバリアのような役目をするもので、酵素や抗生物質でもこのバリアを破ることがほとんどできないほど手強い作りをしています。歯肉の赤みと腫れは増し、歯垢や歯石もより多くなって、口臭も感じられるようになります。

場合によっては、痛みが出ていることもあるでしょう。ここまでくると、歯周炎と呼ばれる状態になります。

一般的に歯周病と言われているものは、この歯肉炎と歯周炎のことを指します。要するに、両者を総称したものが、歯周病ということなのです。

お家でできる、歯周病チェック!

■よだれが多くなった。

■口の周りの汚れが目立つようになった。

■口臭を感じる。

■口の周りを前足で気にしていることが多い。

■口を床や家具などにこすりつけていることが多い。

■頭をよく振っている。

■口の周りを触ろうとすると嫌がる。

■軟らかいものばかりを好み、硬いものは食べようとしない。

■食事中に口からぽろぽろと食べ物をこぼすことが多い。

■片側の歯で物を噛んでいることが多い。

■食事中、または何かを噛んでいる最中、急に妙な声を出すことがある。

■食事を口の中に入れるものの、すぐにそれを出してしまう。

■食欲はありそうなのに、食べようとしない。

■片側の目に目やにが見られる、または目が充血している。

■クシャミ、鼻水、鼻からの出血などが断続的に見られる。

■頬や顎が腫れている。または、穴が開いている。

歯周病の予防として歯みがきをしよう!!

そもそも歯周病の原因の一つとして挙げられる歯垢というのはどのくらいの時間でできるのでしょうか? 

その答えは、犬の場合、食後おおよそ24時間以内。それが歯石へと変化するのは、犬ではおおよそ3~5日のうち。人間の場合は、25日程度かかるそうです。

口の中のpH(ペーハー)の違いなどもありますが、犬のほうがずっと早くに歯石になりやすいということです。 まだ歯垢のうちでしたら歯磨きだけでも充分に落とせますから、歯石になる前に対処してあげたいものですよね。

この歯垢から歯石への変化するサイクルを考慮すると、少なくとも一日おきくらいには歯磨きをしてあげたいものです。

歯石除去
小型犬(~8kg) 16,457円
中型犬(~20kg) 24,017円
大型犬(~29㎏) 34,817円
店舗アクセスご案内
〒264-0024
千葉県千葉市若葉区高品町 899-2
043(252)5110 千葉の動物病院アニマルライフ
Copyright(c)アニマルライフ